★第3号、こちらの各店でお取り扱いいただくことになりました!DMいただいた方、SとNからのお願いに快諾くださった方、本当にありがとうございます。 #SとN #若葉屋 #甘く浮く #ロバの本屋 #文禄堂 #文禄堂高円寺店 #文禄堂早稲田店 #リブロ横浜ポルタ店 #旅の本屋のまど 「若葉屋」さんは器のお店です。佐賀県ご出身で、1号2号もお客さんに紹介いただいていたのだそう。感謝です!「甘く浮く」はおでんとワインのお店。「心を込めて全力で配布します!」とDMいただきました。ありがとうございます!!(編集S) ※長崎県大村湾サービスエリアからの眺め ※各店とも20〜40部ですのですぐになくなる場合があります。
53 7
春海四方さん、小木茂光さんのトークショー参加しました♪ 写真撮影NGだと思ってたらなんとトークショー後の撮影OK🤩 小木さんとは「龍が如く」で子分役で共演させていただき既に握手もしていただいたのに今回「仕事」のタガが外れ100%ファンに戻ったためかお二方の前では頭ん中真っ白💦 でもとても楽しい時間でした😂 #春海四方 #小木茂光 #一世風靡 #一世風靡セピア #高円寺 #文禄堂高円寺店
45 1
トークイベントに参加。 平成生まれから昭和生まれまで、時間を忘れるくらい、楽しいトークイベントでした。 昔の音源とか、かなりウケました。 サイン会も写真も丁寧な神対応。 いっぱいお話しも出来たし、3年前に会ったことも何気に覚えててくれて嬉しかった。 無理して来た甲斐がありました。 こんな機会を作って頂けた、角川書店様、文禄堂高円寺店様、ありがとうございます😊 #小木茂光 #春海四方 #一世風靡 #一世風靡セピア #角川書店 #文禄堂高円寺店 #たくさん #の #全国 #ファン
45 6
140 0
2019年1月9日お家にて 「人の本音が一瞬でわかる本」-内藤誼人-王様文庫三笠書房 立正大学客員教授であり心理学者でもある著者が実際に行われた実験等を引用して、人々の何気ないしぐさや表情からその裏側にあるであろう心理や本音、感情を解説している。 →筆者は海外の大学からの実験を多く引用していて、博識であるのが伝わる。ただ、それが独特の人間関係が展開されている日本暮らしの私にはなぜかフィット感がなくさみしい。本の中で著者が印象を操作するテクニックを自ら実践していると書いてあって、逆にそれを見破る心理学を教えてほしいなあなんて。仕草や表情は万国共通という明快さが好き。一般的な質問をする、相手の顔を見る、相手の心理を理解した先に行動を変え「より良い関係」を持つ、実践! #文禄堂高円寺店 #ayumibooks #内藤誼人 #王様文庫 #三笠書房 #読#読書 #本#本好き #読書 #本
14 0
2018年12月30日お家にて 「話が面白い人オモロない人」-殿村政明-王様文庫三笠書房 元お笑い芸人で現在「笑伝塾」塾長の著者が、お笑いのシステムをビジネスやコミュニケーションの場に落とし込む技術について語っている。 →ボケるということは100人中80人の常識を大きくハズレることと説明されていて納得。誰かと笑いのツボが違うのって少し怖いことなのかも。面白い話をしてみたいと思い手にとってみたが、ボケて相手を笑わせようという視点の本だった事に途中で気づく。つかみ、2択、表情、ネタ帳、突っ込みは愛、実践的なアドバイスだと思った。 #文禄堂高円寺店 #ayumibooks #殿村政明 #王様文庫 #三笠書房 #読#読書 #お笑い #読書 #本
23 0
2018年12月28日お家にて 「指名され続ける力」-小川エリ著-KADOKAWA 名古屋、錦のNo.1キャバ嬢で“エンリケ”と呼ばれている著者が職業選択のきっかけやキャバクラという世界のイメージを自分の接客哲学をもって説明している →エンリケ節というか、エンリケ空間を期待していたので、意外にエッセイっぽくて少し驚く。素の自分であることとお客様に気を使う事を同じ地平で話しているので、こういう部分で人に愛されているのかなと推測。自分の事をエンタメと言いきるのは爽快。色恋しないという割にセックスアピールはしっかりするというバランス感覚は絶妙。キャバクラのイメージを変えたのは自分ではなく、自分を選んだ人達だと書いてあるのはブームを作る人らしい文章だなと思う。仕事はスピード、計算はしっかり、ぜひ実践したい。 #文禄堂高円寺店 #ayumibooks #KADOKAWA #小川エリ #エンリケ #読#読書 #読書讃歌 #読書 #本
12 0
2018年12月27日お家にて 「年収1億円になる人の習慣」-山下誠司著-ダイヤモンド社 結果や目標に到達するために、著者自身の経験則や成功者と言われる人達からの助言を36の習慣(ルール)として紹介した1冊。 →ビジネス書、自己啓発書の類いかと思い購入したが、予想より網羅的にお金・仕事・経営について触れていた。時系列と登場する方々の印象がよく掴めなかったので、情報量を少し調整してストーリーをもう少しみたい気がする。数字が大きい為、失敗と成功のジェットコースターに乗っているようで面白かった。早起き・フライング・聞くと誉める・人に任せる、実践レベルに持って生きたい。 #文禄堂高円寺店 #ダイヤモンド社 #ayumibooks #山下誠司 #読#読書 #読書讃歌 #読書 #本
13 0