2018/11 これからの時期、札幌は大変気温が低くなります。ガラスコーティングは気温16度以下では加水分解、脱水縮合(固まりません)が出来ませんので施工依頼は注意が必要です。特に屋外もしくは大型の工場では芳しくない可能性があります。画像はカーボンヒーターによる焼付処理です。 特殊カーボンヒーターは、今後主力である水性塗料に最も適したヒーターと言われ、従来の中波型、短波型赤外線の光線と違い、すべての光線をカバーしている事で被膜の外部だけでなく、 内部にも熱が届き全体を加熱するため均一でムラの無い硬化となります。 単純に温めるではなく光線を浸透させるのが目的であり、コーティング屋さんではカーボンヒーターが必須のアイテムです。逆に言えば遠赤だけではダメだと言う事と、出力が単相100V~200Vでは熱が足りませんので動力電源が必須となります。 施工記録 → https://wp.me/p9JpDT-6OP BMW・2シリーズ アクティブツアラー PRO PCW-880アルミホイールコーティング #カービューティープロ札幌ドーム前 #札幌のコーティング #アルミホイールコーティング #嘘つき業者に要注意 #出張業者によるやっつけ作業は危険 ホームページ→ http://pro-sapporo.com/ 施工記録 → https://wp.me/p9JpDT-6OP
21 0
2018/11 函館市からご来店下さいましたVW・パサート、当初はヘッドライトリペアを希望されましたが、思ったより状態が良いのでクリーニングとヘッドライト専用コーティングを行いました。ヘッドライトのクリーニングはコンパウンドを使って磨く程度は誰でもできます。 しかしマスキングの重要性でも訴えておりますが、むやみやたらにコンパウンドを使うとハードコート層を傷めます。 磨く工程は最終手段ですので、カービューティープロ札幌ドーム前ではクリーニング溶剤を使用しております。 VW・パサート ヘッドライトクリーニング 施工記録 → https://wp.me/p9JpDT-6H3 #カービューティープロ札幌ドーム前 #フォルクスワーゲンル #札幌のコーティング #出張業者によるやっつけ作業は危険 ホームページ→ http://pro-sapporo.com/
23 0